大朝いろ

大朝の「ひと、もの、こと」をご紹介します。

梅仕事のはなし

今年は遅い梅雨入りで天気が心配でしたが、6月29日土曜日、晴れ間が見えたすきに、梅の収穫をしました。

f:id:oasa_iro:20190630213645j:image

昨年と同じ、九門明(くもんみょう)集落の梅の木に、持ち主のおじさんと行きました。

f:id:oasa_iro:20190630213437j:image

今年は裏年で昨年よりも数が少ないものの、大きくてぷりっとした実をつけていました。

f:id:oasa_iro:20190630213607j:image

収穫のようす。左端の背を伸ばして取っているのは私です。食べ物に関しては貪欲な姿を出してしまいます(笑)梅も柿と同じで、実を取って手入れをすれば、毎年実を成すそうです。手が入らないとできなくなるから、しっかり取っておこうと気合を入れました。

f:id:oasa_iro:20190630214448j:image

収穫した梅。昨年よりも熟れるのが早くて、一部ピンク色になっています。黄緑の梅だと水に1日ほど浸して追熟しますが、今年は追熟しなくても美味しい梅干しができそうです。

 

昨年つくった梅干しの投稿はこちら↓

http://oasa-iro.hateblo.jp/entry/2019/01/16/100406

 

f:id:oasa_iro:20190630214636j:image

収穫したらすぐに、実を選別します。傷のない綺麗な実は梅干しと梅シロップの加工用に、カサブタのような傷がついた梅は梅酒用にします。

f:id:oasa_iro:20190701200034j:image

選別が終わったら、一個ずつ水洗い。

ここからは作るものによって工程が変わりますよ! 

 

〜梅干し編〜

おへそ(枝が付いていた部分)が取れやすくなるように、一晩水につけます。追熟するときは収穫してすぐ、午前中のうちにやりますが、今年は夜につけました。

 

あくる日の朝はおへそ取り。ひとつずつ竹串で取っては、水気を拭き取ります。

f:id:oasa_iro:20190701200133j:image

これが

f:id:oasa_iro:20190701200146j:image

こうなります。

 

全部おわったら、梅に少量のホワイトリカーをまぶして消毒し、梅の重さに対して23パーセントの塩をまんべんなくつけます。(アルコールは漬ける間に抜けます)

f:id:oasa_iro:20190701200318j:image

しっかり塩がつけばカビは生えません。

f:id:oasa_iro:20190701201505j:image

塩がついたら瓶に詰めていき、積み上げた梅の一番上にも塩をかけ、梅と同じか倍の重さの重石を乗せて、ひとまず完了です。7月下旬に干すまで放置♬

 

〜梅酒編〜

水洗いをしたらすぐ水気を拭き取り、おへそを取ります。水につけていないのでちょっと力がいりますが、少々傷がついても大丈夫!

 

拭き取ったら、瓶に氷砂糖→梅→氷砂糖→梅と詰めていき、最後にホワイトリカーを注ぎます。

 

私は「酸い〜の」が好きなので、梅1キロに対し氷砂糖500g(平均は1㎏)、ホワイトリカー一本(1.8L)で作りました。美味しくなるのは1年以上先です。じっくり待ちましょう。

 

 

〜梅シロップ編〜

今回はじめて作りました!なので、うまくいくかはまだわかりませんが、ご紹介します(笑)工程は簡単。瓶に、梅と氷砂糖を1:1で混ぜて詰めるだけです。1日2〜3回瓶をクルクル回して、砂糖をまんべんなく行き渡らせています。1〜2週間ほどでできるそう。

 

f:id:oasa_iro:20190701201645j:image

左が梅シロップ、右が梅酒

 

仕込んだ梅たちは、おやつにしたりおかずにしたり、夏バテ対策や風邪の薬にしたり、色々と使い道を考えています☆なんといっても私の好物だから、なんでもありですね(笑)美味しく仕上がりますように(o^^o)

 

ちなみに…私は、農文協編 「農家が教える梅づくし」という本にハマっていて、昨年漬けた梅を使った料理に挑戦しています(笑)梅干しや梅酒の作り方は大朝地域の人に聞いていますが、料理はあまり知らないので、本で勉強中(^.^)

f:id:oasa_iro:20190701202547j:image

直近では、自家製の梅干しだけで味付けたカボチャの煮物が最高でした。梅干しのしょっぱさと酸味は程よく抜けて、カボチャがさっぱりとした風味になります。とても食べやすくてびっくり。すぐにできそうな活用方法がたくさん載っているので、気になる方は読んでみてください(^∇^)