大朝いろ

大朝のコト、ヒト、モノをご紹介します。

広島県北広島町大朝。中国山地のほぼ真ん中の、何の変哲もない小さな田舎町。
でも、なぜか人を惹きつける魅力があるみたいです。
そんな、小さな田舎町の人や自然や出来事を、日々お伝えしていきます。


大朝のつるやで、2日間限定 芸北定食!

芸北担当の地域おこし協力隊 山口美咲さんが、芸北地域にお住まいのお母さんとコラボして、10月1日(日)・2日(月)に、つるやにて芸北定食を出します。

 

1日30食限定ですので、予約をおすすめします。

(予約しなくてもOK!)

 

①お名前

②予約日

③時間

④人数

⑤連絡先

 

をご記入の上、msksub42@gmail.com(北広島町地域おこし協力隊 山口)までご連絡ください。

 

f:id:oasa_iro:20170922110727p:plain

 

新庄小学校で大朝張づくり

9月14日(木)、新庄小学校5年生&保護者33名と、PTCのイベントで大朝張づくりをしました。

 f:id:oasa_iro:20170922103154j:plain

今回作った作品は、アクセサリーとストラップです。

 

f:id:oasa_iro:20170922103259j:plain
f:id:oasa_iro:20170922103419j:plain

まず、丸や四角の型を1人1枚選んでもらい、和紙を3回張り重ねました。

 

f:id:oasa_iro:20170922103547j:plain

▲スクリューポンチ

張り終わったらドライヤーで乾かして、ひもを通す場所に穴をあけます。

和紙を張ると型紙が丈夫になるので、革などの穴あけに使う道具を使いました。

あけたら、模様付けに入ります。

 

f:id:oasa_iro:20170922103655j:plain

スタンプを押した和紙を用意しておいたので、好きなものを選んでもらって張ったり、ペンで絵を描いたりしました。

 

f:id:oasa_iro:20170922104010j:plain

模様付けができたらしっかり乾かして、柿渋で仕上げます。塗って乾かす作業を、3回繰り返しました。完全に乾いたら、ひもを通し、ビーズで固定して完成です。

 

作り始めは、小さな型に小さくした和紙を張り重ねるので、子どもたちから「細かくていやだ~」という声が出て、内心ハラハラしました(笑)

 

しかし、道具を使って穴をあけたり、デザインしたりする段階に入ると楽しくなってきたのか、「いい模様を思いついた!」「2個目を作りたい!」といった声が聞こえ、後半はポジティブな反応が多く見られました。

 

できた作品は、「バッグにつける!」「おばあちゃんにプレゼントする」などなど、どうやって使うかを考えて教えてくれる子もたくさんいて、とても嬉しかったです。