大朝いろ

大朝の「ひと、もの、こと」をご紹介します。

広島修道大学の学生がつくるホームページ

しとしとと雨が降る大朝地域から、こんにちは。

昨日から数日間雨が続く予報になっていて、大朝地域では稲刈りが止まっています。雨水はもちろん、朝露も完ぺきに乾いてからでないと収穫ができないそうで、しばらく待たないといけないもよう。はやく止むことを祈ります(・・;;)

 

さて、本題です*

このブログでは初めての紹介になりますが、今年の8月より、広島修道大学3回生の藤井くんという学生が、「魅力発信」をテーマに大朝地域を歩いてまわり、いろいろと調査を進めていました。

 

彼は広島修道大学の科目である「(※)イノベーション・プロジェクトⅠ(地域課題研究2018)」を履修し、大朝地域を活動拠点として選んでくれました。選んだきっかけとして、藤井くんが大朝地域に訪れたとき、魅力的に思うところがあったけど、外向けへの発信が弱いと感じたこと(現在のネット情報だと魅力がわかりにくい)、また大朝地域の情報をまとめたサイトがあればよいと思ったことなどを挙げていました。

 

そして、彼が自らの足で歩いて撮った写真や調査したことをまとめたホームページがこちらです↓↓

 

f:id:oasa_iro:20180920113310j:plainoasa research expedition
大朝地域調査報告書

https://fu21nao10.wixsite.com/oasa-re-ex

 

 

完成したばかりで、これから情報が増えると思います。個人的に、寒曳山(かんびきやま)の写真がトップに大きく表示されているところが気に入っています。田んぼに水が入って鏡のようになっている景色も良いですよね。

 

話しが脱線しますが、この「大朝いろ」も「地域おこし協力隊のところにはいろいろな情報が集まっているようだから、マルチに発信できるのでは?ぜひ大朝地域の総合的な情報窓口としてやってみてください」という依頼をいただいてはじめました。

 

が、こまめに更新できる日とできない日があったり、自身の企画の情報が続いたり。胸をはって総合的にできています!とは言えないと思っています。(1つ1つの記事に愛情をこめていることだけは自信があります(笑))大朝地域のことをマルチに取り上げたいと思っているので、「情報あるでー」という方はご一報くださいませ☆

 

私は移住者ですが、住みはじめて丸2年が経過し、口コミ情報も得やすくなったために外向け(情報を知らない人へ)の発信がどのくらいできているのか、外からみてどう感じるのかなど、感覚が鈍くなっていると思っていたので、藤井くんの指摘は刺激になりました。多角的な視点を意識して情報発信に努めたいものです。

 

藤井くんのホームページを、みなさんもぜひご覧ください。

 

(※)イノベーション・プロジェクト…サービスラーニング科目のひとつ。サービスラーニングとは、「教育活動の一環として、一定の期間、地域のニーズ等を踏まえた社会奉仕活動を体験することによって、それまで知識として学んできたことを実際のサービス体験に活かし、また実際のサービス体験から自分の学問的取り組みや進路について新たな視野を得るプログラム」のこと。サービスラーニング科目の「イノベーション・プロジェクトⅠ」は、地域イノベーション人材を育成・輩出し、地域活性化につながる持続的な仕組みを創ることを目的としたカリキュラム。

今日は私から催しものをお知らせします

今朝は冷え込んだ大朝から、こんにちは。

起きたときに思わず「寒っ」とつぶやいてしまいました。 もう秋ですねぇ。

 

そうそう、秋といえば…神楽にマルシェにファッションショーにふるさとまつりにサバ祭りに…催しものラッシュのシーズンです!今年もいろいろと企画しています。

直近だと今週の土曜日からイベントがありますよ☆

 

イベント一覧:

9月22日(土)  10:00~12:00 草木染めをやってみよう@ 芸術村 参加費¥300

        13:30~15:30 一閑張をつくってみよう@芸術村 参加費¥1,000

10月6日(土)  13:30~15:30 一閑張をつくってみよう @芸術村 参加費¥1,000

10月14日(日)   10:00~17:00 扇秋会(せんしゅうかい)@西教寺 入場無料

11月10日(日) 13:30~15:30 一閑張をつくってみよう@芸術村 参加費¥1,000

※私が関わっている企画の一覧なので、ほかにも大朝地域の催しもの情報が入り次第お知らせします。

 

フライヤー:

f:id:oasa_iro:20180914171131j:plain

f:id:oasa_iro:20180914170334j:plain

 ▼イチョウの大木が有名な西教寺で「扇秋会(せんしゅうかい)」という催しがあります。鮮やかな色のイチョウと、第一部のきたひろマルシェ、第二部のファッションショーをお楽しみください*入場無料です!

f:id:oasa_iro:20180918111022j:plain

ムクロジdeつくろう!

9月5日(水)のこと。

大朝の古民家カフェ オトナイの一室を借りて、ムクロジの実を使ったアクセサリーを作りました。

f:id:oasa_iro:20180912155539j:image
ムクロジは落葉高木で、硬くて黒い実をつけます。実を包んでいた果皮は石鹸として使い、実は数珠や羽根付きに使われているそうです。

f:id:oasa_iro:20180912155837j:image

そんな優れた木が、じつは筏津芸術村のすぐそばにあります。今までなんとなく硬い実をつけるんだな~と思って素通りしていたのですが、まさかこんなに活用できるものだったとは!今手元に写真がないので、今度掲載します(笑)

 

アクセサリー作りの企画はもんぺるによるもので、作った作品は販売して、売り上げを寄付しようと考えています。※販売は10/14(日)、大朝の西教寺で予定。


作業工程はいたってシンプル。まず、果皮をむいた実をツヤが出るまでタオルでこすって磨きます。

f:id:oasa_iro:20180912160139j:image

▲左側が磨いた実。ツヤツヤになります。

f:id:oasa_iro:20180912160307j:image

磨いたらドリルで穴を開け、イヤリングやピアスのパーツをつけたり、紐を通したりするだけ。シンプルなんですが、体力を使います。こすっていると指先が疲れ、穴を開けるのは力と根気が必要…。何事も手間ひまがかかるんですね〜。

 

でも、この作業結構好きです( ̄∀ ̄)

また作る機会があるかもしれないので、情報が入り次第お知らせします。