大朝いろ

大朝の「ひと、もの、こと」をご紹介します。

新庄夜市の余韻にひたる

 7月14日(土) 地域の大きな祭りの1つ、「新庄夜市」が開催されました。毎年、新庄学園通りを歩行者天国にして開かれます。

f:id:oasa_iro:20180720100455j:plain

会場の中心近くにつるされた大きな提灯は、夏の風物詩です。「浅草の提灯よりも大きいんよ!」と、作った地元の人が嬉しそうにおっしゃっていました。

 

そして撮影できなかった(間に合わなかった)のですが、お祭りがはじまってすぐ、地域の女性たちによる浴衣を着た音頭もあるんです。これがまた「夏だなぁ~」と思わせてくれるさわやかさ。季節を感じられるのでおすすめです。

 

f:id:oasa_iro:20180720105052j:plain

学園通りには約50もの出店が並び、多くの人が詰めかけていました。

f:id:oasa_iro:20180720105740j:plain

会場には舞台が2カ所あり、ダンスや歌や演奏、きたひろのPR、神楽などなど…プログラムが豊富でした。

f:id:oasa_iro:20180720110212j:plain

会場の端には、一夜限りで再現されたミニ小倉山城がありました。(これはイメージらしい)ベンチに座って眺めている人たちがいて、ここだけゆったりとした場所でした。

 

私は取材と称しつつ、つい両手いっぱいに食べ物を抱えて楽しくうろうろしていました(笑)良い夜だったなぁ。

大朝地域協議会からのお知らせです

大朝地域協議会では、現在「大朝未来委員会の会員」と「地域課題対策部会の委員」を募集しています。詳細については下記をご参照ください。

 

大朝未来委員会●委員募集

 

一昨年開催しました「大朝の20年後を考える―百人会議」で、大朝の住民が望む大朝の将来像が見えてきました。

そこで、その望む大朝を実現するため私たちに何ができるかを、具体的に考えるために、大朝地域協議会は大朝未来委員会を設置することとし、委員を募集します。

■募集人数/10~12名

■条件/1、55歳未満~16歳以上の男女

2、大朝在住者

3、平日の夜の会議に出席できる方

4、交通費支給

■任期/平成30年8月~平成32年3月まで

但し、進捗具合によって若干延長する場合

があります。

■締め切り/平成30年8月10日(金)

■応募・問合せ/大朝支所地域協議会事務局

電話:82-2211又は050-5812-2211

 

地域課題対策部会●委員募集


少子高齢化や人口減少、教育問題、交通問題、また町財政の縮減による建設計画の停滞など、大朝には様々な課題があります。そんな状況を、少しでも改善するために、大朝地域協議会内に地域協議会の委員と大朝住民による常設の地域課題対策部会を設置することとしました。

みんなで大朝の身近な課題を掘り起こし、解決に向けてみんなで考えましょう。

「陶芸に挑戦!手作りミニランプシェード講座」を見に行きました

7月12日(木)、筏津芸術村で開催された「陶芸に挑戦!手作りミニランプシェード講座 」を見に行ってきました。

 

講師は大朝地域在住の陶芸家・碓井謙治さん。碓井さんは普段、陶芸工房575で制作されていますが、この日はろくろがある筏津芸術村の教室を使って行われました。f:id:oasa_iro:20180717210407j:plain

▲こちらはサンプル。中に色和紙をはせ、LEDランプを灯しています。

(私は所用でできなかったけど、参加したかったなぁ…)f:id:oasa_iro:20180717210718j:plain

碓井さんが用意した材料を使い、のばして切って、整えていきました。

f:id:oasa_iro:20180717211932j:plain

作業の手つきは真剣そのもの。

f:id:oasa_iro:20180718171444j:plain
f:id:oasa_iro:20180718171703j:plain

f:id:oasa_iro:20180717220237j:plain

丁寧でユーモアあふれる碓井さんの進め方に、柱の陰をうろちょろしながら見ていた私も思わず声を出して笑ってしまいました。会場は明るい雰囲気でした。 (いいなぁ)

 

今回は見ただけでしたが、クラウドファンディングでギャラリーを創設すると同時にシェアワークショップもできるようになります♬これから、体験できることが増えるかも。詳細が決まったらお知らせします。

 

▼クラウドファンディングは2018年7月31日まで!

クラウドファンディング 開花-KAIKA-

 

▼碓井謙治さんのHPはこちら!陶芸教室をされているので、ここではゆっくり制作体験ができます。

陶芸工房575★碓井謙治のウェブサイト