大朝いろ

大朝の「ひと、もの、こと」をご紹介します。

お宮の神楽

北広島町といえば、神楽!

大朝地域もシーズン真っ盛りです。

 

私は13日(日)、枝宮(えだのみや)八幡神社の奉納神楽を見に行きました!祭典が始まる前のお食事会にも呼んでもらい、集まった地元の人たちから、今年の米の収穫量や質などを聞きながら料理をいただきました。

f:id:oasa_iro:20191014201412j:image

f:id:oasa_iro:20191015213848j:image 

食事を終えて拝殿へ向かうと、階段に演目が立てられていました。
f:id:oasa_iro:20191015213852j:image

▲拝殿

f:id:oasa_iro:20191016223034j:image
f:id:oasa_iro:20191014201613j:image

祭りは19時より、枝之宮(えだのみや)神楽団の潮祓(しおはらい)からスタート。5団体が神楽を上演します。

f:id:oasa_iro:20191015074404j:imagef:id:oasa_iro:20191015074325j:image

▲胴ノ口(どうのくち):枝宮八幡神社 神社祭典奏楽の会
f:id:oasa_iro:20191015074351j:image
f:id:oasa_iro:20191015074435j:image

▲八幡(はちまん):小枝(こえだ)神楽団
f:id:oasa_iro:20191015074345j:image
f:id:oasa_iro:20191015074425j:image

▲日本武尊(やまとたけるのみこと):朝間(あさま)神楽団
f:id:oasa_iro:20191015081013j:image
f:id:oasa_iro:20191015074329j:image

▲三浦(みうら):枝之宮神楽団

客席に悪狐がやってくるのは毎年恒例、名物演目です。
f:id:oasa_iro:20191015074340j:image
f:id:oasa_iro:20191015074335j:image
f:id:oasa_iro:20191015074400j:image

▲鐘馗(しょうき):筏津(いかだづ)神楽団f:id:oasa_iro:20191015074356j:image
f:id:oasa_iro:20191015074430j:image
f:id:oasa_iro:20191015074410j:image

▲滝夜叉姫(たきやしゃひめ):大塚(おおつか)神楽団
f:id:oasa_iro:20191015074415j:image

▲塵輪(じんりん):枝之宮神楽団

 

神楽は大きな舞台や施設で見るのもよいけど、拝殿で見る神楽の方が好きです。

 

お宮の神楽は深夜1時ごろまでやるので風がつめたいのですが、服を着込んで温かいお茶とお菓子をつまみつつ、神楽を近くで見る…これがなかなかハマります。

 

あと、太鼓や鉦の音が間近に聞こえて、ドンドンと身体に響くのが心地良くて、リラックスできます。気軽に見に行けて嬉しいです。

 

私、農業はしていませんが、今年も美味しい食べ物に恵まれていることに感謝の気持ちを抱いて過ごした一夜でした。

栗拾い

大きな台風が上陸して、日本各地で被害がありましたね。みなさんのお住まいは大丈夫でしたか?

 

大朝でも風が強くて、飛びそうなものは家の中に入れて備えましたが、何事もなく過ごせました。

 

さて、先週投稿した栗がようやく落ちはじめたので、第一弾を拾いました。

f:id:oasa_iro:20191014195629j:image

大きくてずっしりとした良い実です(^O^)

 

昨年、長靴で栗拾いをしていたらトゲで穴が開いてしまったので、今年は底が丈夫なトレッキングシューズを履いて拾いました。足でトゲをよけて、指で押し出すスタイルでやっています(笑)

f:id:oasa_iro:20191014195751j:image

栗がみっちり入っていると嬉しくて、思わず声をだしてしまいます。

f:id:oasa_iro:20191014195910j:image

鬼皮をやわらかくするため、1日水につけました。これからむき作業です。自分のために頑張ります(^δ^)(笑)

 

白砂匠庸君壮行会。

f:id:oasa_iro:20191012152217j:image

10月11日、北広島町主催で第16回世界ソフトテニス選手権大会出場と2019世界パラ陸上競技大会出場選手の壮行会が開かれた。

f:id:oasa_iro:20191012152221j:image

我が大朝の白砂匠庸君はドバイで開催される2019世界パラ陸上競技大会への出場だ。

f:id:oasa_iro:20191012152237j:image

f:id:oasa_iro:20191012152247j:image

▲匠庸君と家族

北広島町の道の駅のレストラン「響」には、町長や議員の他、白砂君が所属するあいおいニッセイ同和損保の関係者、体協やソフトテニスクラブの選手やコーチ、関係者、選手の家族、北広島町の住民など沢山の方々が応援に駆け付けた。

 

選手の皆さんには、過大な期待に応えようとすることなく、自分を信じて自然体で、まず競技を楽しみ精一杯の力を発揮されることを祈っています。

 

(記事:山本)