大朝いろ

大朝の「ひと、もの、こと」をご紹介します。

やっと晴れ間が見えました。

7月5日(木)から週末にかけて、雨が降り続けました。西日本を中心に各地で被害があったようで、テレビのニュースを見ては悲しい気持ちになりました。

被災されたみなさまには、心からお見舞い申し上げます。

 

大朝でも連日の雨で、倒木により道がふさがれたり、土砂崩れや陥没した箇所が出たりしました。私は週末の仕事がキャンセルになり、おとなしく過ごしていました。家も無事です。

 

日曜日は一時だけ晴れ間が見れたので、自宅の周辺を歩いてみると、ヤブカンゾウの花が咲いていました。大朝地域では「カラスオウギ」とも呼ばれています。春の新芽も、夏から秋にかけて咲く花も食べられます。新芽は酢味噌和えや炒め物に、花は彩りに使えます。

f:id:oasa_iro:20180709153848j:plain

どんよりとした気持ちでしたが、パッと目についた地面の緑色と鮮やかなオレンジ色の花を見て、元気が湧きました(*^▽^*)