大朝いろ

北広島町大朝での暮らしをぽつぽつ投稿します。

テングシデ群落と熊城山

テングシデが青々とした葉をつけています。

f:id:oasa_iro:20200608092450j:image

f:id:oasa_iro:20200608092538j:image

最近になって遊歩道が整備され、テングシデ群落の周りを歩いて楽しめるようになりました。

f:id:oasa_iro:20200608092655j:image

f:id:oasa_iro:20200608092821j:image
f:id:oasa_iro:20200608092826j:image

この時期は、国を越えて長距離移動するアサギマダラの姿もよく見られます。標高の高い山地で見られるため、テングシデ群落から山頂あたりでよく飛んでいます。大きな羽で飛ぶ姿は優雅です。

f:id:oasa_iro:20200608094233j:image

▲ナルコユリ

山野草はたくさん花をつけ、虫たちが寄り、山は1年で最も賑やかな時だと思います。

 

テングシデ群落は熊城山(くまのじょうやま)標高約650mに位置しています。そこから山頂へ歩いて上がることができます。

f:id:oasa_iro:20200608095940j:image

山頂は標高997.5m。木々の葉が生い茂っていて景色がよく見えずわかりにくいのですが、看板が立っています。山頂へ向かう際は、森林浴や山野草・野鳥観察を目指して行くのが良いかもしれません。

 

「熊の城」なので、登山の際は複数人で行き、熊鈴を持つことをおすすめします。安全に十分注意してお楽しみください(*^^*)