大朝いろ

大朝の「ひと、もの、こと」をご紹介します。

柿渋づくり

f:id:oasa_iro:20190826151528j:image

今年も柿渋づくりのシーズンがきました。

大朝地域では、お盆を過ぎてから8月末までが柿渋づくりに適しています。今年は8月25日(日)に、お友達と一緒につくりました。まずは収穫から!

f:id:oasa_iro:20190827103935j:image

▲豊平の地域おこし協力隊、ナッチェこと前田さんも来てくれました\(^▽^)/ 

f:id:oasa_iro:20190827104042j:image

▲お友達と。右にいるのが私です。

f:id:oasa_iro:20190827104146j:image

f:id:oasa_iro:20190827153301j:image

▲柿渋づくりの先生

f:id:oasa_iro:20190827153330j:image

f:id:oasa_iro:20190827153352j:image

子どもたちも来てくれて、にぎやかでした。

 

f:id:oasa_iro:20190827153629j:image

f:id:oasa_iro:20190827153609j:image

収穫した柿はヘタを取って、杵でつきます。

f:id:oasa_iro:20190827153939j:image

f:id:oasa_iro:20190827154003j:image

f:id:oasa_iro:20190827154027j:image

潰れるまでなんどもつくので、肩や腰が疲れます。こまめに交代してやりました。

f:id:oasa_iro:20190827211522j:image

実から汁が出たら、一度タオルで濾します。

f:id:oasa_iro:20190827211550j:image

実をしっかり絞ったら、もう一度杵でつきます。

f:id:oasa_iro:20190827211645j:image

さらにもう一度濾すのですが、その前に、臼へ柿の量の半分水を入れて、軽く混ぜます。

(2升ついていたので、水は1升入れました)

f:id:oasa_iro:20190827212359j:image

原液だと濃いので、ここで薄めるのがポイント。

f:id:oasa_iro:20190827212514j:image

もう一度ぎゅーっと濾して

f:id:oasa_iro:20190827212538j:image

残った汁も濾したら完成です!

f:id:oasa_iro:20190827212558j:image

▲瓶詰めの写真がとれなかったのですが、色はこんなかんじ。徐々に赤褐色に変わります。

 

ちなみに。

昨年つくった柿渋は完成しました!

良い色、臭い匂いです(笑)

色々なことに使いたいな〜。

f:id:oasa_iro:20190827212835j:image
f:id:oasa_iro:20190827212826j:image

▲完成したときも濾します。時々かたまりがあるので。

 

一閑張りにはもちろん、染物にしたり、木に塗ったり、用途は色々です。わくわく(o^^o)