大朝いろ

大朝の「ひと、もの、こと」をご紹介します。

大朝ってこんなところ

※このページは、ブログメニューの「大朝ってどんなとこ?」からいつでもアクセスできます。

※今後、加筆修正を行う場合があります。

f:id:oasa_iro:20181101145410j:plain

 

 

 

「北広島町の大朝(おおあさ)地域ってどこなん?どういうところなん?」

と聞かれることが時々あります。私も大学生の時、ゼミで大朝地域に通うようになるまでよく分かっていませんでした。

 

ということで…あらためてご紹介します!

マップは手描きのため、すみずみまでチェックされるといたしい(苦しい・つらいという意味)のですが(笑)広島県からフォーカスします。 

 

◆紹介の流れ

①北広島町の位置

②大朝地域の位置

 ・地名について

③大朝地域の地区と行政区(集落)

 ・面積・標高・人口

 ・町の前は村だった

 ・地区

 ・行政区(集落)

 ・文化と伝統

 ・わさまち通り商店街(旧大朝商店街)

④大朝地域の年表

 

  

f:id:oasa_iro:20180928163544j:plain

①北広島町の位置

上は広島県の地図です。北広島町は広島県の北西部に位置し、南は広島市、北は島根県と隣接しています。町内の標高は約300m~800mで、島根県との県境では1,000m級の山々(西中国山地)が連なります。

 

標高が高いため冬は積雪が多く、スキー場が集積する日本最南端の地域です。夏は日中暑いのですが朝晩は涼しく、年間を通して寒暖差が大きいため、おいしいお米ができる広島県の米どころとして知られています。古くから農業が盛んで、初夏は世界無形文化遺産の壬生(みぶ)の花田植(はなだうえ)や、国の重要無形民俗文化財の新庄(しんじょう)はやし田(だ)、秋になると神楽など、田にまつわる伝統行事も北広島町の全域で盛んに行われています。

 

※北広島町の観光情報は北広島町観光協会のホームページをチェックしてみてくださいね。

  

 

f:id:oasa_iro:20180928164111j:plain

②大朝地域の位置

続いて、北広島町にフォーカスしました。大朝地域は町の北側に位置しており、島根県邑智郡(おおちぐん)邑南町(おおなんちょう)と隣接しています。

 

地名について

平成17(2005)年に千代田(ちよだ)町、芸北(げいほく)町、豊平(とよひら)町と合併して、大朝町から大朝地域になりました。(他もすべて町→地域という表記に変わっています)英語のつづりは、「OASA」です。

 

 f:id:oasa_iro:20180928164721j:plain

③大朝地域の地区と行政区(集落)

大朝地域までフォーカスしました。

 

面積・標高・人口

大朝地域の面積は約90.50㎢で、4地域のなかで一番小さいです。大朝地域の端から端まで、車で約15~20分程度で行くことができます。標高は約370m~450mで、人口は2,874人(2018.8月末現在)です。

大朝地域で標高の高い山は、寒曳山(かんびきやま)825m、加計の山(かけのやま・かけやま)752m、日野山(ひのやま)705m。

マップ上のは北広島町役場大朝支所、はわさまち通り商店街(旧大朝商店街)を指します。

 

町の前は村だった

合併前は「大朝町」でしたが、さらにその前は「大朝村(おおあさそん)」と「新庄村(しんじょうそん)」に分かれていたので、大朝地域で話しをするときは現在でも「大朝」「新庄」と分けて言います。行政が使う「大朝地域」という表現は、旧町(大朝と新庄両方)のくくりになります。

 

地区(現在は住所に入りませんが、いわゆる大字のこと)

大朝地域は、住所につく地名が7つあります。(北広島町大朝とか北広島町岩戸とか)7つの地域はそれぞれ郵便番号が違います。いわゆる大字で、新庄村・大朝村の前は、7つ村があったようです。

 

行政区(集落)

地区は7つですが行政区(集落)単位になると、45の地名が存在します(住所には入りません)。町が行政区と定めているため、大朝地域へ全戸配布する資料などあれば、45の行政区の区長へ託されています。資料を託された区長は、集金常会など住民が集まるときに配布したり、各家庭を配って回ったりします。

 

文化と伝統

●神楽と花田植

f:id:oasa_iro:20181001170405j:plain

▲鈴鹿山(すずかやま)。小市馬神楽団(しょうしばかぐらだん)奉納神楽より。

大朝地域も神楽が盛んです。現在、大朝地域では神楽団が14団あり(2018.10月現在)、毎年9月下旬から10月下旬にかけて、お宮で奉納神楽が行われています。毎年11月の第1土曜日には「大朝神楽競演大会」が行われ、大朝地域中の団員が迫力ある舞いを披露しています。 

f:id:oasa_iro:20181001170520j:plain

▲新庄はやし田(過去の記事はこちら

田植えシーズンの5月には、大朝地域の鳴滝(なるたき)温泉で、国の重要無形民俗文化財の新庄はやし田(花田植)が行われ、毎年多くの観客が訪れています。

 

●お祭り

f:id:oasa_iro:20181001165906j:plain

【わさまち】

毎年4月27日~29日は、「わさまち」という大きなお祭りがあります。このお祭りは今から200年以上前、わさまち通り商店街(旧大朝商店街)で起こった大火事からの復興を願うためにはじまりました。 商店街には復興を願って建立された愛宕(あたご)神社があり、今でも神主が毎年祈りを捧げています。町内外から屋台が集まり、子どもの遊び場も豊富で、にぎやかなお祭りです。

(過去の記事はこちら

 

f:id:oasa_iro:20181001165328j:plain【新庄夜市】

「新庄夜市」は毎年7月の第2土曜日か第3土曜日に、新庄学園通りで開催される夜祭りです。写真の提灯は、祭りのシンボルとして地元の人たちがつくりました。縦8m、直径5mあります。わさまちと並んで大きな祭りで、町内外から約50店の屋台が並びます。大朝町史を読むと、新庄村のころ、虫送り(農作物の発育に害をなす虫を駆逐するための儀式)だったとか。

(過去の記事はこちら

 

 

わさまち通り商店街(旧大朝商店街)

f:id:oasa_iro:20181101151500j:plain

わさまち通り商店街(旧大朝商店街)は、広島市街地まで約60km、日本海に面する島根県の浜田市まで約51kmと、広島市と浜田市の中間地点に位置しており、戦前戦後は交通の要衝として栄えていました。わさまち通り商店街はかつて、旅館、料理屋、舞台小屋、呉服店など多くの店が軒を並べており、旅の道中に立ち寄った人や地域の人たちが集い、にぎやかだったそうです。

 

④大朝地域の年表

大正15(1926)年1月1日   大朝村が町制施行して大朝町(初代)になる

昭和30(1955)年3月31日 大朝町(初代)と新庄村が合併して改めて大朝町(2代)が発足

平成17(2005)年2月1日   芸北・千代田・豊平各町と合併し、北広島町になる

 

 

参考:

大朝町(1982)『大朝町史上巻』『大朝町史下巻』.

「北広島町 長期総合計画」

https://www.town.kitahiroshima.lg.jp/soshiki/5/1221.html

「北広島町観光情報サイト ぐるっと、きたひろしま」

http://www.kitahiro.jp/