大朝いろ

大朝の「ひと、もの、こと」をご紹介します。

さとやま未来大賞受賞を記念して「もんぺる祝賀会」を開きました。

2月25日(土)、千代田の道の駅舞ロードにある「レストラン響」にて、さとやま未来大賞受賞を記念した「もんぺる祝賀会」を開きました。(主催はハイカラ-ヤマカラスタイル)

もんぺるのファッションショーに参加された方や、活動を応援していただいた方を呼び、北広島町を中心に、広島県内から46名が集まりました。

参加された多くがもんぺをはいて来られ、会場の見た目は彩り豊かでした。

 

f:id:oasa_iro:20180228093358j:plain

▲私(左)はワイドパンツ風のもんぺをはきました^^同じ生地のもんぺをはいていた方とツーショットです。この格好で司会進行役をさせていただきました。

 

プログラムは、発起人のあいさつからはじまり、さとやま未来博&もんぺるの活動紹介、祝辞のほか、シンガーソングライター・新屋まりさんのライブや、新屋さん&きたひろしまミュージカルの歌が披露されました。

捨てることなくリメイクされてよみがえったもんぺをはき、大人も子どももいきいきと動いている姿に、心がじわりとあたたかくなりました。

 

最後に、ハイカラ―ヤマカラスタイルよりお送りした、「アンサーメッセージ(これからのこと)」では、「お年寄りが地域で培ってきた知恵や技を受け継ぎ、次世代へつないでいくことを大切にしたい」と伝えました。会場では拍手喝采がおきて、「ぜひ大切にしてほしい」「心に響きました」などなど、いろいろな感想をいただきました。

 

人の心を大切にする「もんぺる」。

それと、「ハイカラ-ヤマカラスタイル」。

昔も今も未来も大切に、楽しんでつながる活動を、今後も続けたいと思いました。

 

▼Mont-pell(もんぺる)facebook

 

 

そうそう、来場者には、こんなプレゼントを用意しました。

f:id:oasa_iro:20180228094431j:plain

もんぺと同じ着物の生地をバッグに手縫いでつけて、アートユニット・ポロンパさんが手彫りで作った「もんぺるはんこ」を来場者に押してもらい完成した、この世にひとつだけのバッグです。もんぺるらしいと思いませんか?