大朝いろ

大朝の「ひと、もの、こと」をご紹介します。

とりすき定食を食べました!

2月5日(月)

彩蔵監修、ふぁーむbuffo✖芸北コッコの「とりすき定食」を食べに行ってきました!

f:id:oasa_iro:20180209140137j:plain

相変わらず降り続ける雪にひぃひぃ言いながらお店に入ったら、山口さん&ふぁーむbuffoの岩崎さん&お手伝いさんの3人が、明るい声で出迎えてくれました。

席に着いたらすぐ、かわいいスタンプが押された封筒をもらいました。

f:id:oasa_iro:20180209135901j:plain

封筒の中にはお品書きのほか、ふぁーむbuffo、芸北コッコについて書かれた手書きの紙や、アンケートが入っていました。

f:id:oasa_iro:20180209141414j:plain

しばし読みこんでいたら、良い香りを漂わせながらお料理が運ばれてきました。

f:id:oasa_iro:20180209135226j:plain

ドドン!f:id:oasa_iro:20180209135105j:plain

中央が「とりすき」です。右下は鶏スープ、左上は温玉です。THE・鶏づくし!

「とりすき」は、濃いめのすきやき風の出汁に、ふぁーむbuffoの鶏肉や、ゴボウ・ニンジンなど、サイコロ状のお野菜がたっぷり入っていました。

お肉も野菜もしっかり味がついていましたが、柔らかすぎることなく(むしろ歯ごたえあり!)、触感と味のバランスに舌鼓をうちました。f:id:oasa_iro:20180209161222j:plain

お品書きにはいくつか食べ方を紹介してありました。

私は最初に一口ずつ食べてみて、そのあととりすきに温玉を入れて、やや混ざったところで、ごはんにかけてかきこみました。

お箸が止まらず、ごはんをおかわりしちゃいました。ごはんととりすきの相性が素晴らしい…。

f:id:oasa_iro:20180209161958j:plain

食後のお茶も、きたひろうまれでした。「香ばし玄米・草々茶」です。

地元で採れた14種の草花でていねいに作られたお茶は、口当たりがまろやかで香ばしい味わいでした。

 

地域の食材を使った料理は、心にも体にも染み渡るような気がしました。

おいしい企画をありがとうございました!