大朝いろ

大朝のコト、ヒト、モノをご紹介します。

広島県北広島町大朝。中国山地のほぼ真ん中の、何の変哲もない小さな田舎町。
でも、なぜか人を惹きつける魅力があるみたいです。
そんな、小さな田舎町の人や自然や出来事を、日々お伝えしていきます。


「みんなおいでよ!」

前に予告しておりました、「ひまわり会」によるイベント「みんなおいでよ!」が、7月27日(木)に開催されました。

 

f:id:oasa_iro:20170803084540j:plain

朝9時、大朝地域に住む小学生たちが新庄の立石(たていし)会館に集まり、ひまわり会のみなさんとあいさつをして、食事作りに入りました。

お昼ご飯は、カレーとポテトサラダです。低学年が野菜を洗い、中学年が皮むきをし、高学年が野菜を切りました。

 

 

f:id:oasa_iro:20170803085826j:plain

そのあと、大人が用意した羽釜に研いだお米をセットし、火をつけます。

大人が火を見ている間に、子どもたちは工作へ移りました。

 

 f:id:oasa_iro:20170803084916j:plain

工作内容はもちろん、ひまわり会のみなさんと練習した、大朝張(一閑張)です。

  

今年6月に、新庄の超専寺で大朝張づくりを教えたときに参加した子たちもいて、慣れた手つきで作業が進みました。

はじめての子は、最初はうまく張れないと苦戦している様子でしたが、徐々に慣れてきているようでした。

湿度が高く、乾かすのに時間がかかりましたが、全員完成しました。

 

 

f:id:oasa_iro:20170803090144j:plain

並べると、可愛いです(*^^*)

 

難しい作業ではないのですが、同じ作業が続くので、飽きる子もいます。そんなときは、思い切って脱線して、気持ちが戻ったらまたみんなと一緒に作業する。そうして、なんだかんだいって、工作は楽しい!と思ってもらえたら、うれしいです。

完成した作品に喜ぶ顔をたくさん見ることができたので、良かったかなという気持ちです。

 

 

f:id:oasa_iro:20170803090255j:plain

そのあとは、完成したカレーとサラダと、ひまわり会の女性たちが作ってくれた寒天ゼリー、それと、手伝いに来ていた、社会福祉協議会の職員さんが用意してくれたかき氷を美味しくいただきました。

 

終わりの会では、子どもたちから、工作や料理やごはんの時間が「楽しかった」という声を聴いて、心が温まりました。