大朝いろ

大朝のコト、ヒト、モノをご紹介します。

賑やかに開かれた新庄夜市

7月8日(土)、新庄の商店街で、新庄夜市が開かれました。

この日、日中は雨でしたが、開始直前に止み、夜になると多くの人でにぎわいました。

f:id:oasa_iro:20170711171314j:plain

この夜市の見どころは、大きな提灯です。毎年、商店街の中央あたりに掲げられます。20年近く前に、「浅草の雷門よりも大きい提灯を作って、シンボルにしよう!」という声があがり、地域の人が作ったそうです。高さ8m、直径5mで、雷門は高さ3.9m、直径3.3mなので、雷門よりも倍近くあります。

 

f:id:oasa_iro:20170711171918j:plain

▲提灯の中に入ることも可能なので、迫力を体感できます!

 

 

f:id:oasa_iro:20170711172215j:plain

もうひとつの見どころは、約50もの屋台が並んでいること!

隣接地域からの出店もあって、甘いものから辛いものまで、商店街中に色んな食べ物や遊びが勢ぞろいしていました。

 

 

f:id:oasa_iro:20170711172429j:plain

また、商店街入り口近くの小倉山(おぐらやま)メインステージでは、新庄学園吹奏楽部による演奏や、小学生による新庄はやし田、新庄高校書道部による書道パフォーマンス、保育所園児による神楽、町内のダンスチームのパフォーマンスなどなど、盛りだくさんの催しものをしていました。

商店街の奥にもステージがあって、そこでは、町内外のミュージシャンによる歌が披露されました。

 

屋台の食べ物をほおばりながら、舞台を楽しみ、出会った人たちと話しをする…私は今年で3回目の夜市参加になりますが、毎年飽きることなく楽しめるので、お気に入りの祭りの1つです。笑い声絶えない夜を過ごしました。

 

 

余談ですが…

 

f:id:oasa_iro:20170711172609j:plain

今年の5月末頃より、新庄に住みついているコウノトリも、この日は夜市の方向を向いていました。いつもより賑やかな夜が気になったのでしょうか。毛づくろい(?)をしながら、北広島町図書館横の電柱という「特等席」から、ステージを眺めているようでした。私以外にも、その姿を撮影する人が何人かいて、すっかり、アイドルになっているようでした。

 

f:id:oasa_iro:20170711172715j:plain